このサイトは、ご利用のブラウザに対応しておりません。

最新版のブラウザをダウンロードしてご覧になるか、対応しているブラウザでご覧下さい。

【推奨ブラウザ】
Internet Explorer 8以上
FireFox17以上
Chrome最新版
Safari5以上

植物成分配合の低刺激・無添加ヘアケアシリーズ

誕生秘話

髪や肌にやさしく作っています

Pure NATURAL STORY

多くの人に愛されてロングセラーを続ける「ピュアナチュラル」シリーズ。

その誕生秘話を、研究部の方に伺いました。

美容師さんの手荒れを減らしたくて

Pure NATURAL STORY 1

Q.そもそもピュアナチュラルが生まれたきっかけは何だったのですか?

A.実はピュアナチュラルの発想のもとになったのは、美容師さんの手荒れだったんです。

ヘアサロンの美容師さんって、一日に何度もシャンプーをしますよね。中には手の皮がむけてしまう人もいるほど、手荒れに悩んでいらっしゃる方が多かったんです。それを知ったスタッフが「もっと低刺激のシャンプーを作って、美容師さんの手荒れを減らしたい」と、ヘアサロン向けのシャンプーを開発したんです。

その商品が多くのサロンの支持を受けたことで、一般の消費者の方にも提供したいと考え製品化したのが「ピュアナチュラル」です。

「自然派+心地よい使用感」を目標に

Pure NATURAL STORY 2

Q.開発中、一番苦労されたことはどんなことでしたか?

A.当時、自然派のシャンプーはほとんど例がなかったので、「自然派」の定義づけ自体も自分たちで決めなくてはいけなかったんですね。

まずは、開発当時の薬事法で義務付けられていた「表示指定成分」を、できるだけ減らしていこうということから開発が始まりました。具体的には、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、鉱物油を含まないというルールを決め、開発を進めていったのです。ただ、植物系の原料を使えばどんなものでもいいのかというと、そういうことではないんですよ。どんなに自然派をアピールしても、使用感が悪ければお客様に支持されない。価格が高すぎると使いたくても使えない。そこが一番難しいところでした。

肌にやさしいことや、自然派であることにはこだわりながら、泡立ちや洗い上がりの心地よさも損なわないようにする。できるだけ低価格で提供する。そこが開発中に一番苦労したところですね。

天然ハーブのナチュラルな香り

Pure NATURAL STORY 3

Q.香りにもこだわっていますよね?

A.そうですね。合成香料を使わないと決めたので、その代わりに天然ハーブの自然な香りを採用することにしました。

天然のものを原料とする場合、原料の安定供給という観点も考慮に入れ、かつ、お客様に好かれるリラックス効果の高い香りであること、という2つの視点から、ラベンダーとローズマリーの香りに決定しました。

この2つの匂いの組み合わせも、強さの比率を変えてたくさんサンプルをつくり、モニターをしてその配合比を決めたんですよ。

進化しつづけるピュアナチュラル

Pure NATURAL STORY 3

Q.発売以来、ラインナップには変化はあったのですか?

A.内容成分のリニューアルもありましたが、一番大きなチェンジはポンプサイズとつめかえが発売になったことです。

ピュアナチュラルは自然派にこだわった製品で、技術的につめかえ用を作るのが難しかったのですが、注ぎ口やパウチを厳選して研究を重ねた結果、ついにつめかえ用が実現することになりました。お客様のリクエストが多かったこのつめかえ用が発売になったことで、より低コストでますます使いやすく、生分解性に優れた洗浄成分を使用しているため環境にもやさしい商品になりました。

モルトベーネグループのご紹介